シトルリンの女性への効果【冷え性・むくみ】

シトルリンの主な効果は血管拡張による血流改善効果です。そして、血流が悪いことによって日常的に悩まされているのは圧倒的に女性が多いため、シトルリンは女性の日常的な悩みに対する特効薬のような存在になるかもしれません。

 

女性の血流不全による問題として多いのが、冷え性やむくみです。両者とも血流が悪いことに起因し、冷え性は血液を介した温度が末端へ伝わらない、むくみは血液を介して不要物(リンパ液など)が回収されない、ということによって発生します。端にいけばいくほど一般的には血管が細くなり、特に末端では毛細血管という形で各組織に栄養や酸素の供給、そして不要物の回収が行われるため、血流が悪くなると毛細血管が分布する末端の血流が壊滅的になります。

 

女性に血流障害が出やすいのは、筋肉量が少ないことや運動量が少ないことが大きな要因の一つと考えられています。足の筋肉は「第二の心臓」と呼ばれることが多く、実際に足の筋肉が稼働することで末端へ向けて血液を強く押してやる働きがあるため、大腿筋など足の大きな筋肉の量を確保した上で、これらを動かす簡単な運動、たとえばウォーキングなどを定期的に行うことで末端の血流に大きな改善効果が得られます。しかし女性は性ホルモンの関係上、同じ運動を行っても筋肉の付き方は男性に劣りますし、筋力増強のための運動もそれを動かすウォーキング等も時間がとれない、という人もまた少なくないでしょう。

 

まずはシトルリンで血管そのものを拡張させ血流を改善する方法から始めてみるといいでしょう。そして最終的には、運動も平行して行うのが理想的です。