シトルリンの1日の適正摂取量

シトルリンは非常に多機能な栄養素故、様々な目的で意識して摂取しているという方も多いでしょう。特にサプリメントを利用して摂取するとなると、気になってくるのが摂取量です。多くの栄養素は適切な摂取量を守る必要があり、国で上限量などが定められているため、それを目安として摂取量を決めることとなります。では、シトルリンはどうなのでしょうか。

 

シトルリンは、実は決まった摂取目安量などはないのです。アミノ酸全般に言えることですが、過剰摂取しても分解されるだけなので上限量は設定されず、遊離アミノ酸は高機能が故に多く摂ると働きが分散するため適切な摂取量もはっきりしません。ただし、慣習的に800mgを一日の目安量としているサプリメントメーカーが多いようです。そのため、一応の目安をこの800mgに設定するのが間違いはないでしょう。

 

前述の通り、シトルリンをはじめとした遊離アミノ酸は過剰摂取による副作用が発見されていません。そのため、特に多めに飲んでも問題となることはありません。L-アルギニンはそれ自体が強アルカリ性のため、クエン酸などで中和していないL-アルギニンを多く摂取すると胃腸障害などが発生する危険性がありますが、シトルリンに関してはそういった危険性もありません。ただしサプリメントを用いる際は、シトルリンのみが含まれているとは限りません。同時配合している栄養素に過剰摂取のリスクがないかどうかは商品によるため、個々の商品の用法・用量を守った方が安全です。